弁護士と法務部の連携

企業として被りかねないリスクを避けるためには、そのリスクを事前に予測しておいて、それに応じた対策を行っておくと言うことが必要となります。それは、単に予想すると言うことだけでは無く、より損失を最小限に抑えるということも含まれます。

企業は、特定の取引先の企業、または顧客などとトラブルになることがあります。対企業としては、契約に関しての違反や支払いが行われないこと、また、顧客とのトラブルとしては商品等に関して訴えを受けたこと、等が考えられます。もし法務部があれば、そういった事態にもすぐに対応することができるようになります。実際、そういった場面での迅速さは非常に重要で、会社としての信用を保つという点でも欠かせないものです。

企業法務を行うに当たって、もし顧問弁護士を雇用しているなら法務部と弁護士が連携することによって、より正確な手続きをおこなうことが出来ます。弁護士に相談するメリットとしては、そういったトラブルが発生してから焦って対策を行うのではなく、事前にそういったトラブルの危険性について認識しておき、あらかじめ対策を練っておき、トラブルが起きた際の損失を最小限にする、ということが可能となります。雇用していない場合は、顧問弁護士契約を検討してみるのも良いかもしれません。

参考サイト→弁護士法人アディーレ法律事務所